FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長にはこれです。実はKAZEの最高傑作!

うかうか油断してたらあっという間に9月になってしまいました。
ご無沙汰しちゃいました。

初秋の装いについての薀蓄をとも思いましたが、
やはり日本人たるもの、
季節の変わり目のわびさびを感じてもらわにゃ!

ということでコレ!
今の時期にぴったりのこのアルバムを是非です。お薦め。

』の【MOONY NIGHT】ムーニーナイトをどうぞ。
前回は我青春の名盤というところで【ウィンドレスブルー】を紹介しましたが、
実を隠そうこれが『』の最高傑作なのです!
1978/10/5発売。

IMG_4155.jpg 

IMG_4156.jpg 

この哀愁を帯びたカバージャケットからもう世界に引きずり込まれてしまいます。

前作【海】も最高でしたが、この【MOONY NIGHT】はまた格別です。
やはり〈時の流れ〉と〈季節〉を唄わせたら最高。
もはや誰も右に出られません。

素晴らしいサウンドと歌詞。
【ウィンドレスブルー】からエレキギターを手にした伊勢正三。
このアルバムでその卓越したメロディーメーカーの力量を遺憾なく発揮しています。

「窓から月が射す夜は・・・」と始まるオープニング。
秋の訪れを感じさせる憎いイントロ。しかし曲全体に張り詰める緊張感。
素晴らしい楽曲です。
そして次々と繰り出される名曲。
言葉が研ぎ澄まされ、最小限度の表現で情景を描きだす、「曙」「流れる」。
へなへなの最高であります。
どの曲も伊勢正三の感性がリスナーの気持ちを引きずり込んでいく。
そしてトドメが『Bye Bye』。
申し訳無いですけど、メッタ斬りされるの覚悟で聴いてください。
歌詞が大人の男の左胸にイチイチ突き刺さります。
フィナーレは「夕凪」。
相応しすぎる癒しのボトルネックギターからこぼれ落ちてくるフレーズ。
妙にセンチメンタルになっていきます。

改めてアナログ盤を引っぱり出しての今この夕方。
30年の歳月が経過しても色褪せないすばらしいアルバムです。

男のハートに沁みますよ!
また長ーくなってしまいました。

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 
関連記事
スポンサーサイト

タグ:   MOONY  NIGHT 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。