FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80’ネオアコの貴公子【アズテックカメラ】 貴重な10インチ盤!

IMG_4061.jpg

IMG_4060.jpg 

IMG_4056.jpg 

レコード棚からひと掴みの『タナツカ』シリーズです!
美少年〈ロディ・フレイム〉率いる【アズテックカメラ】のライヴ盤になります。
なんといまでは珍しい10インチアナログ盤です。
大きさがカワイイんです。

1984年、10月16日、
ロンドンは『ドミニオン シアター』で行われたライブです。
演奏曲目が泣けます。

BACKWARDS AUD FORWARDS
JUNP
THE BUGLE SOUNDS AGAIN
MATTRESS OF WIRE
THE BIRTH OF THE TRUE

2曲目はなんとヴァンヘイレンの代表曲のカバー。
最初はアズテックカメラらしく、
アコースティックなアレンジがいかにもなのですが、
クライマックスはエレキに持ち替えてのエンディングのソロが圧巻です。
ギタリストとしてのロディもなかなかで。

パフォーマンスも素晴らしいんですけど、
何が一番GOODなのかというと、
アルバムジャケットがアートしてるところなんです。
時代を感じさせる〈ロディ・フレイム〉の髪型にファッション。
このパンツは当時『インターナショナル・ギャラリー・ビームス』で取り扱っていた
贅沢英国ブランドであった【クローラ】のものです。

モノクロのロディの写真と絡めた曲目のグラフィックワークが素晴らしい表ジャケット。
そしてポップなイエローでカラーリングされた裏ジャケット。
見開くと【アズテックカメラ】のヒストリー・オブ・アズテックカメラと題した、
バンドデータが英字でびっしり。

所有しているだけでうれしくなる逸品レコードであります。
あーぁ、想いは尽きない尽きません・・・。
コレくらいにしとかないと!

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アズテックカメラ  ロディ・フレイム  ネオアコ 

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。