FC2ブログ

大人の気品と色気!【BREUER】 これぞフランスの底力!

IMG_4080-1_20110818114139.jpg 

【BREUER】 ブリューワー と読みます。
フランスが誇る大人の 紳士服ブランド。
今や歴史有る【オールド イングランド】よりも、
モダンさという領域では上をいくかもしれません。

【ダニエル クレミュ】などもそうですが、
フランスのこのあたりのトラディショナルなテイストも独特です。
先にご紹介したイタリア的センスとは一味違って、
個人的にはフランスの方が、実を隠そう大好きであります。
そう、アメリカっぽいところ。


IMG_4078-1.jpg 
ネクタイと同じ織になっているブランドネーム、なんと贅沢な!

IMG_4079-1.jpg 
裏地も表地同じ織の無地!
こんな造りはもはや【BREUER】、ここんちだけ!

絞めてもみなぎる気品最高なんです。
デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 
スポンサーサイト



ついに出ました6年振りのメッセージ【Ray Of Hope】

510v0DEAnqL__SL500_AA300_.jpg

山下達郎 【Ray Of Hope】
意外とこの言葉と同名の楽曲はこの世にたくさん存在するらしく、
有名なのはラスカルズの1968年の楽曲です(邦題:『希望の光』)。
そうなんです。
達郎さんのフェイバリット・グループ!
の1つである【ラスカルズ】の曲にインスパイアされたものらしいです。

【ラスカルズ】がフェイバリットであったということ、
実は【薀蓄の会】のOZさんとKTさんから教えてもらえました。
何でもご存知なうるさいお二人!
機会を作って是非聞いてみたいと思います!

さあコレでまたしばらくは、ヤマタツの日々が続いてしまいそうです!

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 

アメリカの老舗【Rivetz of Boston】 リベッツオブボストン

IMG_4074-1.jpg

続きましての『クロつか』シリーズ。
20数年前にどこかのメンズショップで購入しました
【Rivetz of Boston】リベッツ オブ ボストンのニットタイです。
このアメリカの古豪ネクタイブランドを知っている人、
やはり最早唯のお人ではない筈です!

アメリカの老舗ネクタイ屋として、
当時の雑誌『ポパイ』のアイビー特集号で紹介されていたと記憶しております。

ネイビー×カーキ×バーガンディ、
たしかこのストライプのイギリス連隊があったと思いますが。
すこぶるクラシック!

IMG_4073.jpg   
モチのロンで〈MADE IN USA〉です!

今でも時々、キリッと絞めたい衝動に駆られる時があります。
いちいち満悦!

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 

タグ: リベッツ  オブ  ボストン  【Rivetz  ob  Boston】 

実はベルトも大好きでした!【アンダーソンズ】

  自らのクローゼットから一掴み、
題して『クロつか』!
シリーズ第何弾になるかいちいちカウントしておりませんが、
今回は本邦初公開に至るアクセサリーはなんとベルトです。

今まであまりご紹介してきませんでしたが、
実を隠そうここだけの話、
シューズ好きのベルト好き、はたまたネクタイ好きなのでした!

IMG_4065.jpg

それでまずはこれ。
Anderson'sアンダーソンズ です。
made in Itary。
今ではどこのセレクトショップや伊勢丹メンズ1Fにも当たり前のように置かれていますが、
それらはどれもこれもニッケル風鏡面仕上げだったり、
サテン仕上げだったりの金属バックルですよね。
これはまだまだアンダーソンズが知る人ぞ知るマイナーな頃の代物であります。
なんと皮巻きバックルにゴールドのピン。
すごいトラディショナル。
しかもメッシュストライプが大好きなNAVY×D.GREENという腰砕かれの配色!
これはもう締めるしかなくなります。
まさに白旗状態。降参です!

IMG_4063.jpg  
このなんとも端正な佇まい。

ある意味イタリアブランドのこのようなトラディショナルなものは、
実は探すと数多く存在し、
英国米国の顔つきとクオリティとは、一線を画す奥深さを持っております。
脱帽!

Anderson's】のブランド薀蓄はまた後日にしましょう。

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 



タグ: Anderson's  アンダーソンズ 

もう一人のアメリカの象徴 ジミー!

 ジミー ブログ用

私のなかでの、もうひとりのMr.アメリカ。
ジェームス・ディーン】 ジミーです。
数あるフォトの中でもとりわけこのジミーが好きです。
映画【理由なき反抗】の撮影時のもの。

くわえタバコでこの上目使い。
そしてこの髪型!
こんなトッポイ感じ、たまりませんね。

映画ではギラギラ独特な光沢感を放っていた
マックレガーの【ナイロンアンチフリーズ】ジャケットに、
下は少し太めの【LEE 101】ジーンズ。
うーんこの時に左腕にしていた時計はなにだったんでありましょうや?

永遠のアメリカです!

さあっ、バーボンでも飲りますかっ!

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。


タグ: ジェームス・ディーン  理由なき反抗 

マックィーンも【バラクーダG9】カッコ良過ぎ!

マックィーン

【G9】をこんなにもさり気なく・・・。
かないませんね。

マックィーンはこの【バラクーダ】がお気に入りだったみたいで、
着ているショットが数多く残されています。
c/#  BEIGEもよく着てたりします。

はまり過ぎてる気になるサングラスはやはり【ペルソール】か・・・
もはや脱帽!


デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

愉しい創造を体験しよう!【デザイン エクスペリエンス】

マリンクレストジャケット 

趣味的表現であった自己紹介分から変貌を遂げ、
もう少し自分が身を投じているファッションというクリエイティブな世界観と、
そしてその中からの客観的自己のアピールという観点から、
自らの原点に立ち返ってみました!

自分のルーツである『IVY』。
得意とするフィールド・領域。
拘りの素材・ディテイル。
お気に入りのコーディネイション。
フェイバリットなブーツとウォッチ群。
仕上げとなるアクセサリー類。・・・etc

語りだすと、いやキーボードを叩きだすと両手が止まらなくなりそうで・・・。
今後も独特な薀蓄論にご期待くださいませ。

そして最後に、
ブランド、シーズン、アイテム等々の
具体的な立案と企画・デザイニングのご用命は

【デザイン・エクスペリエンス】
クリエイティブ・コラボレーション
を宜しくお願い申し上げます!!


デザイン エクスペリエンス ロゴ 

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。


タグ: デザインエクスペリエンス