FC2ブログ

まさにキング・オブ・クロノグラフ!『デイトナ』

アンティーク デイトナ 

この存在感!
手巻き、自動巻きモデルと共に圧倒的支持を受けまくる、『デイトナ』。
『エクスプローラーⅠ』を抑えて、ROLEXの中でいつも不動の人気No1。

写真のデイトナはアンティーク。
モデル名は『Daytona accord』というもの。
OYSTER COSMOGRAPH 
デイトナ表記が追加されたリファレンスナンバーのファーストモデル、
Ref.6239と思いきや、
DAYTONAの文字は見られません。
(因みに現行モデルは赤文字)

極めてシンプル!
とりあえず、ご紹介まで!

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。




スポンサーサイト



タグ: デイトナ  エクスプローラーⅠROLEX 

超保存版!『POPEYE』1986年 YEAR BOOK

IMG_3436.jpg 

こんなお宝本があったんですね。
薀蓄の会のKさん(通称BUBBちゃん)からいただいた貴重な本です。
1986年、今から24年前の『ポパイ』です。
大切に読ませていただいおります。

IMG_3442.jpg 

IMG_3439.jpg 

懐かしいSHOPも載っています。
感気盛んであった往年の80年代が、いちいち蘇ってきてしまいます。
お洒落もしました。
アイビーブーム~DCブランドブーム~渋カジ・・・・・etc。
夜な夜な遊びました。
モンクベリー~ライズ・バー~クラブD~レッドシューズ~トゥールズ~サンニッパ・・・・・etc。
切りがありませんです。

いや、ホント、周りも皆も凄いエネルギッシュでした!!
 嗚呼、青春!!


ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。




カッコ良過ぎのマックィーン!映画『ブリット』

スティーブマックィーン ブリット 

シビレます!このスタイル。
映画『ブリット』でのマックィーンです。 1968年。 
敏腕刑事ブリット。 
ツィーディなジャケットにハイゲージな黒タートルネック。
ボトムは細身のウーステッド・スラックス。
シューズがスウェードのフローターブーツ(クルブシ丈)。
そしてサングラスで決まり!
憎すぎます。ジャケットと髪の毛のカラートーンがスッゴイマッチしてます。
またサングラスとタートルがブラックなので全体がクールで引き締まって見えています。

『大脱走』のラギッドなアメリカンのマックィーンも大好きですけど、
どっちか究極の選択を迫られればこちらのマックィーンを推します。
『アメリカンクール』
因みにお隣の女性はブリットの恋人役の〈ジャクリーン・ビセット〉。
マックィーンとのコントラストが最高であります。
こちらも負けずにカッコ良過ぎ!


ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。



ビートルズの超レアレコード発掘!『THE BEATLES STORY』

IMG_3519.jpg 

東芝EMI(株) MADE IN JAPAN
1970年台初頭に発売 4.400円(当時)
カートンBOX入り2枚組 AP-8676~7 STEREO

マイ・ライブラリーをいろいろかたずけていましたらお宝発見です。
ビートルズ物語と題して、
デビューしてから『ビートルマニア』というスラングが生まれるまでの、
所謂ビートルズ旋風が吹き荒れる様を追ったドキュメント構成です。
解説と勿論ビートルズの曲紹介、メンバーの紹介とインタビュー、
そして熱狂なる『ビートルマニア』の絶叫などが織り混ざって編集されています。

IMG_3525.jpg 


IMG_3523.jpg    IMG_3524.jpg

解説とメンバーの写真が入ったブックレットです。
上ば表紙。アルバム〈ハードデイズナイト〉と同じカットです。
下2枚は最初の見開きページです。
写真は日本に来日した当時のものや、〈リボルバー〉の頃の写真が使われています。

もしかしたら、まだまだお宝ザックザックかも知れませぬ!
またご紹介させていただきます!

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。



お洒落なライヴでした!at 吉祥寺ストリングス

IMG_0628.jpg 

そういえば、ご報告が遅れましたが、
可愛くお洒落なライヴに行って来たのでした。

青木カレン(VO)、渥美幸裕(G)のDUO。
場所は吉祥寺ストリングス。
大変こじんまりした空間での、
しっとり&プチ・エキサイティングなパフォーマンスでありました。

エスコートしていただいたのは、我ら薀蓄の会のK氏(愛称BUBBちゃん)。
どうもありがとうございました。感謝であります。
実は彼、こういう所に来ると、一瞬主催者かと思うくらいのカオなのでした。
噂には聞いていたのですが、ここまでとは。
他の常連客様とは勿論、青木カレンさんとももうダチっていう感じです。
そして超人気者。ガーサス!!

ライヴはというと、
カレンさんの華奢なからだから放たれるヴォイスが、
時にはカボソク、時にはバスの効いた力強さで多彩な表現力!
バックをギター一本で支える渥美幸裕さん。
抜群のリズム感でした。
全て指で弦をはじいているので、音色が円やかで温かくスムース。
曲によってエレキとアコギ(ナイロン弦)を持ち替えて空気感を変えておられました。
時にはリズムセクションがそこに居るような、
ピッキング&パーカッションワークが素晴らしかったです。
こんなの初めて魅させていただきました。
ウマハジです!(生まれて初めの意)

お二人に拍手の夜でした!

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。