FC2ブログ

『クロつか』シリーズ。【GAP】の名作、シャンブレイシャツ!

恒例、クローゼットからひと掴みの『クロつか』シリーズ!
【GAP】がまだ日本に上陸していない頃にGETした『シャンブレイシャツ』。
今となっては傑作品です。

GAP.jpg

GAP1.jpg 

この味の出方をとくとご覧ください。
アメリカらしいインディゴ先染めのシャンブレイ組織。
デザインはウェスタンシャツタイプ。
当時の【ビックマック】や【オシコシュ】よりも造りが丁寧で、
ステッチが繊細。
ワークウェアの領域を抜け出て、ファッションしています。

GAP2.jpg  GAP3.jpg  

その名の通りのネームが付いています。
スコービル社のマーブル調パールドットボタン。
ステッチカラーがベージュなのが何とも憎いセンスしてます。

   GAP5.jpg  GAP4.jpg   

コバステッチかと思いきや、
ポケット回りはあえて7mmのシングルステッチでわざと浮かせたりしています。

長めのカフスで3連のパールドット。
ボロボロですみません。

なかなか手放せない逸品!
クローゼットの中、こんなんばっかりで恐縮であります。

デザイン エクスペリエンス ロゴ

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 
   
スポンサーサイト



『クロつか』シリーズ ウェスタンシャツの名門【HバーC】!

IMG_3897.jpg   IMG_3899.jpg 

 IMG_3896.jpg 

ご好評のクローゼットから一掴みの『クロつか』シリーズ。
西海岸のランチウェアの名門【 BAR 】 エイチバーシーです。

超ベーシックな白黒ギンガムチェックです。
これも20年以上の現役、
いまだに1軍スタメンレギュラーの座を維持しております。
こんなシャツありますかね?!

たぶん本国アメリカでは頑張っているかも知れませんが、
日本では最早お目にかかれません。
さすがにアメ横でも。
ロックマウント】は健在ですが。

10年くらい前にラスベガスのマジック展に行った時、
ブースが出ていて、
日本人がセールスしていたのには苦笑してしまいました。
ロックマウント】もそうでしたが、
HバーC】も日本人の来客でごった返していたのが印象的でした。

さすが目敏い日本人!ジャパニーズ魂!

デザイン エクスペリエンス ロゴ 
ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 

タグ: HバーC    BAR    ロックマウント 

夏と言えば『マドラスのバミューダショーツ』これです!

 バミューダ


アイビーリーガーを気取る方々の夏の風物詩である『バミューダショーツ
それも素材はインドマドラスが絶対気分です。

当然素足にスリッポンかキャンプモカシンってとこが常套手段でありましょうが、
残念!

ズバリ言っていいですか!
クルーソックスにローファーが絶対お洒落ですよ!
このスタイル、今むしろ新鮮です。

ちょっと『ヘビアイ』を気取るならですが、
無造作にウィグアムのソックスを、
そしてレッドウィングもいいですよね!

早く穿きたい【デザインエクスペリエンス】です。

デザイン エクスペリエンス ロゴ 
ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。



タグ: バミューダショーツ  インドマドラス  ヘビアイ  ウィグアム  レッドウィング 

LEEの傑作品!ホワイトサテンの【WESTERNER】

 IMG_3890.jpg 

IMG_3891.jpg 

クローゼットから一掴みの『クロつか』シリーズ!

もう何本穿きつぶしたか分からないくらい、
ずっと切らすこと無く我がクローゼットには必ず有る、
LEE SATEEN 【WESTERNER】 ウェスターナー 201 レギュラーストレイト。
名前、ちょっと長いですね。
高校の頃からの付き合いです。

この〈リーサテン〉て、最早固有名詞的に言われるサテン生地。
生地の厚み表情は勿論ですが、この白すぎないカラーも絶妙であります。
アイビーリーガーを気取るのも良し、
バタ臭いアメリカでいくのもGOODです。

あなたのクローゼットにも是非!
お薦めの1本ですから。

IMG_3059.jpg 

【H.D.LEE】社のヒストリーと【ウェスターナー】の薀蓄は次回に続きます!
長くなりそうなので!

デザイン エクスペリエンス ロゴ  


ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 

タグ: WESTERNER  ウェスターナー  LEE  リーサテン 

またまたゲットしてしまいました【ラコステ】L1212です。

IMG_3882.jpg 

IMG_3885.jpg  IMG_3883.jpg 

クローゼットに新入りです。
懲りずにまたゲット!
また【ラコステ】 泣く子も黙る〈L1212〉モデルです。
どうも、『ポロシャツはラコステでしょっ!』ってのがDNAで有るみたいです!

でも日本製で、しかもワニの中にLacosteロゴが!?
地元の古着屋でデッド状態であったのを見逃しませんでした。
そのあたりは鼻が利くっていうか、
〈プレデター〉ばりに5感が働いてしまうのです。

表鹿の子の素材とか23型2穴高瀬貝釦等、
本格材料をしっかり使っているし、
縫製・造りはむしろフレンチラコよりも綺麗で丁寧なお仕事って感じがしてくるのですが、
ワニの中にロゴ入りでしたっけ?
でも入っていない日本のファブリカ製も確かありましたよね。

3で少し大きめですが、
3日3晩水漬けの刑に処し、洗濯機で洗った後乾燥機の儀式を入れれば大丈夫!
色が素晴らしい『イロワーズブルー』という名前のブルー。
ブルー好きにはたまりませんです。
許せてしまいます。最早盲目状態!

ラコステ】だらけのクローゼットに万歳!

デザイン エクスペリエンス ロゴ  


ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 

タグ: ラコステ  L1212 

この季節、こんなレインコートは如何でしょう!

vintage_201_.jpg   vintage_201_02.jpg

油断していたら梅雨入りしてしまいましたね。
そんな訳で、クローゼットから一掴みの『クロつか』シリーズです。
こんなレインコートがありました。
60年代の古着。

ブランドは【LONDON FOG】 ロンドンフォグ といいます。
このブランド名をご存知のアナタ!
申し訳ないけど、もはやただのオヤジではありませんね!

なんとシンプルなバルカラーのコート。

London Fogは1922年、メリーランド州ボルチモアに設立後、
すぐ近くのLondontownという街に移って、
Londontown Clothing Companyに社名が変わります。
この会社の中心ブランドとして永年良質なレインコートを供給してきました。
ここ数十年は生産をアジアや中南米に移し
、一般大衆向けのレインコートメーカーとして活動しています。
現在の社名はLondon Fog Industries, Inc。
アウトドアブランドのPacific Trailといったブランドなどを含む、
アウターウエアの総合メーカーとなっているようです。

vintage_201_04.jpg 

vintage_201_05.jpg 

シカゴに有るのか紳士服店『マーシャルフィールド&カンパニー』のネーム。
グッときますね!
ブランドネームをはじめ、
いちいちグラフィックとカラーリングが素晴らしいです。
年代を感じさせます。
眺めているだけで、すみません、『ワイルドターキー』がすすみます。

これもまた、至福のひと時であります。
織ネームでバーボンが飲める【デザインエクスペリエンス】でした。

デザイン エクスペリエンス ロゴ  

ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。

 


タグ: ロンドンフォグ  LONDONFOG  バルカラーコート 

クローゼットから一掴み。題して『クロつか』!逸品ウェスタンシャツです。

 自分のクローゼットからお気に入りのワードローブ・ウェアを取り出しては、
今までもご紹介してきましたが、
これをシリーズ化しようと思います。
クローゼットから一掴み、題して『クロつか』。
ただ恥ずかしながら、それらの殆どが10~30年モノだっていうところで。
独断と偏見の、所謂定番品・名品・逸品・傑作品だと自負しております。

IMG_3877.jpg  IMG_3888.jpg 

まずは思い立ったのはコレ。
【ラングラー オーセンティック ワーク ウェスタンシャツ】
長いですけど正式名です。型番〈MW217〉 だったっけな?
正真正銘のアメリカ製、カチカチの生デニムでした。
30年モノ。アメ横は〈ヤヨイ〉で購入。
たしか当時はお店の人と値段を交渉してましたね。
少し値切ったかも(苦笑)。

  IMG_3870.jpg

コレでレギュラーフィットです。タイトめなシルエットがGOODでした。
最早今っぽいし。

IMG_3869.jpg  IMG_3872.jpg

アジ出すぎですみません。

洗いざらしのチノパンもいいのですが、普通すぎ!
インナーに白紺ボーダーを着てVゾーンを見せ、
グレイのトロピカルサマーウールのスラックスにローファー。
そしてネイビージャケットの袖をシャツごとロールアップ。
テクニック要りますね!
だからファッションは面白いんです。

【デザインエクスペリエンス】でした。

デザイン エクスペリエンス ロゴ 
ブログランキングに参加しています。
この記事に感動感銘を抱きましたら、是非クリックをお願いします。
上位に押し上げてくださいませ。